Web東海新報

購読のお申し込み

会社案内

 岩手新報・河北新報などの記者を退職後の昭和33年12月、鈴木正雄(平成21年4月5日死去、享年94)が創刊。

 大船渡市は岩手県沿岸でもほぼ最東端に位置することから題号に「東海」の二字を冠した。外部資本の導入は御用新聞に堕するおそれがあると、すべて独力での経営だった上、2年後にはチリ地震津波で被災するなど台所は常に火の車を強いられたが、不撓不屈の精神でこれを乗り越え、徐々に読者を増やしていった。昭和54年には念願だったオフセット輪転機を導入、さらに2年後の56年には組版をすべて電算写植にするなど技術革新にもいち早く取り組み、平成10年には新聞製作をすべてデジタル化、なお、先進技術の活用と取り組んでいる。
 エリアは、旧気仙郡の2市1町(大船渡市、陸前高田市、住田町)で、平成23年3月11日の東日本大震災では2市が被災、読者、広告主とも激減する苦境に立たされたが1日も早い復興を目指し報道機関としての業務を全うする覚悟を新たにしている。

資本金1,000万円
役員代表取締役    鈴木 英里

常務取締役    伊藤 泰裕

取締役相談役   上野 和彦 石橋 洋  

執行役員編集局長 長谷川一芳  
執行役員工務局長 佐藤 英明
執行役員総務局長 臼井 圭一
執行役員工場長  大沢田毅樹
社員32名
所在地【本社】〒022-0002 岩手県大船渡市大船渡町字鷹頭9-1
TEL.0192-27-1000(代)/FAX.0192-27-2154